カクテルパーティー
cocktail party
枯葉の舞う11月初旬、我が家でカクテルパーティーを開きました。
下関の 
<カクテル&スナック 木口屋> のマスターとママにお越しいただき、地域の皆様と楽しい一夜を共にしました。
今回は去年に続いて2回目となります。

こちらのマスターは昭和53年にJBA全国大会で、優勝した正統派のバーテンダーです。

マスターが盛ってくださったフルーツ
最初は注文はなにをしたらいいのかわからずお任せです。
飲んでいくうちに、さっぱりしたのとか、甘いのとか、ちょっと濃い目とか、オーダーするのが少しずつわかってくるようになりました。

名前はまだわかりませんが〜〜
これは <ヘミングダイキリ> 
ヘミングウェイがこよなく愛したカクテルです。

カクテルは世界共通の名前、どこに行っても通じます。
杯を重ねる愉しさ、、、
皆さん和やかになると、、、
マスターのマジックが始まります。

ダイスカップやマッチ打楽器、
楽しい笑い声が〜〜
これは<関門橋>

日本一になられたときのカクテルです。


関門の碧い海に、瀬戸の白波が浮かび、パインは関門橋を、海の底にはチェリーで赤間神宮の水天門を表しています。

TOP

MENU

BACK

<関門橋>
木口屋さん、遠くからお出でいただきありがとうございました。
町の人たちには初めての体験の方もおられ、とっても喜んでました。

我が家からの笑い声が谷に響き、窓からこぼれる灯火はいつまでも消えませんでした。